沿革

昭和28月03月
大阪市城東区に日宣印刷紙器株式会社を設立
平成01年03月
第一期建て替え落成並びに
菊全オフセット印刷ハイデルベルグ(SM102V) 導入
平成04年04月
第二期建て替え落成
平成12年11月
社名を株式会社日宣印刷に変更
平成13年04月
CTP設備一式導入
06月
菊全オフセット4色反転印刷機 (SM102-4P)導入
08月
菊全オフセット2色反転印刷機 (SM102-2P)導入
12月
FTPサーバの運用開始(デジタル送稿)
平成15年09月
制作課の活動開始
平成16年03月
DD(デジタルデータ)課の設立
平成20年03月
プライバシーマーク取得
12月
「エコ紙うちわ」2009年版を発売
平成21年03月
自社開発のうちわ加工機を導入
11月
第2日宣城東ビル(現在地)に移転
平成24年09月
代表取締役社長大津裕司が就任
平成25年11月
日宣印刷本社ビル(旧第2日宣城東ビル)を取得
平成28年05月
現代表取締役社長阿河幸一が就任
平成28年08月
東京支店を千代田区神田司町(現在地)に移転
ページのトップへ