YORISOU

小さな印刷会社だからこそ、
私たちが大切にしたいこと

YORISOU × customer

お客様とのつながりを大切に

日宣印刷は大阪市にある小さな印刷会社です。最新の印刷機はありません。
しかし、他の印刷会社にはない強い経営基盤や歴史、薄紙から厚紙までこなす確かな技術、「エコ紙うちわ」という独自商品など、自信を持てることがいくつかあります。私たちはお客様から頂く「ファーストコール」を大切に、そのご期待にお応えする圧倒的な「品質」と「サービス」を実現するために、一人一人がお客様の課題を理解し、お客様によりそい、一緒に解決するための努力を惜しまない会社でありたいと思っています。

YORISOU × solution

全員が追求する。
期待を超える品質を

印刷会社を含め製造業においては品質の高さは最重要課題です。「お客様はその仕事にどの程度のクオリティーを要求しているのだろうか」、「本当に満足していただけたのだろうか」、「お客様の真の課題は?」。営業部門から製造部門までの全員が、その認識を一致させなければよい品質の仕事はできません。印刷課から営業に対し、営業から印刷課に対し、互いに積極的に発信しあい、お客様のクオリティー要求に応えていく。よりよい品質のものを、より早くお届けるするために何をすべきなのか、すべての社員が考えています。

YORISOU × people

最後は人がすべて

日宣印刷の最大の資産は一緒に働く人、協力先の皆様です。よい会社には、よいカルチャーがあり、よい社員がいます。社員が力を発揮してこそ会社は成長していく。そう信じて一人一人の創造力や実践力を大切にしています。
また当社は古くからの協力先とのお付き合いを大切にしていきたいと考えています。一つ一つは小さな会社ですが、お客様のお困りごとや細やかな要望にも、社員と協力先とが一体となって、知恵を出し合い工夫をし、力を合わせれば大きな会社に負けない大きな力を生み出すと信じています。

お客様アンケート

実際にお取引いただいたお客様の
アンケートの回答結果をご紹介します。
特にスタッフの対応には
高い評価をいただいています。

発注の決め手は?

※複数選択可
※2021年3月 アンケート実施結果(45名)

お客様の
ご意見・ご要望等

日宣印刷をつくる”人”

sales section

お客様から、真っ先にご相談を頂けるように、そしてお客様が何に困って、何を望んでいらっしゃるのかを理解する。まずはお客様に寄り添い、お客様の想いを社内の製造部門と共有しお客様と一体となって解決していく。そんな関係を築いていきたいです。

production section

営業担当を通じて、お客様が求めるクオリティーをしっかりと理解し、その要求にお応えするためには何が必要か?何ができるのか?
妥協することなく追求しています。お客様にご満足いただける製品を作ることこそが、私たちの使命です。

LINE UP 取扱商品

  • チラシ

  • カタログ

  • ポスター

  • 紙袋

  • うちわ

  • POP

  • パッケージ

  • カレンダー

  • 包装紙

  • 動画

  • デザイン制作

    デザインからの依頼もお任せください。

  • アッセンブル

    仕分け、組み立て、発送まで承っております。

PRODUCTS 商品紹介

エコ紙うちわ

2009年から製造販売を開始。100%紙製のエコな販促ツール。キャラクターや商品などに合わせて自由に型抜きができ、プロモーション、キャンペーンに大活躍です。

詳細はこちら

チャンネルガイド

総発行部数150万部。全国100局を超えるケーブルテレビ局に採用される月刊誌です。

  • 表紙回りカラーページ:4~16ページ
  • カラーページ構成:表紙、目次、見どころ番組紹介(マンスリーフォーカス)、コミュニティch記事・編成表、広告ページなど。
  • 本文モノクロページ:48~96ページ
  • モノクロページ構成:コミュニティch記事・編成表、目次、番組紹介記事、番組編成表(月割り・日割り)、インフォメーション記事など。

EQUIPMENT 設備紹介

自社設備があるからこそ、お客様のさまざまなご要望に対応。
いつでも安定した品質の製品をお客様にお届けできる環境を整えています。

印刷設備

  • ハイデルベルグ社製
  • 菊全オフセット4色反転印刷機SM102-4P(4/0,2/2)
  • 菊全オフセット4色印刷機SM102V(4/0)
  • 菊全オフセット2色反転印刷機SM102-2P(2/0,1/1)
  • イメージコントロールCPC-24(色調管理)

CTP設備

  • コダック社製TrendsetterQ800/CTP
  • Prinergy Connect Performance
  • Signastation/KODAK PREPS(面付データ作成ソフト)
  • プリプレスインターフェイスCPC-32(CIP3対応・インキデータ変換ソフト)
  • FUJIFILM PX-H10000(カラープルーフ)

COMPANY 企業情報

  • 会社概要
  • 沿革
  • 経営理念
  • 社長あいさつ
社名
株式会社日宣印刷
所在地
〒536-0001 大阪市城東区古市3丁目14-26
TEL:050-5530-2299(代表)/06-4255-6022
東京支店 ※平成28年8月1日より下記住所に移転
〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-6-5 日宣神田第2ビル
TEL:03-5209-7221
代表者
代表取締役社長 本間祐史
資本金
1,000万円
設立
昭和28年3月
役員
代表取締役:本間祐史
取締役:大津裕司
取締役:今江吉宏
監査役:稲垣俊春
従業員数
16名
事業内容
デザイン制作・印刷
エコ紙うちわ・カタログ・チラシ・ポスター・包装紙・紙袋・パンフレット・パネル・全国ケーブルテレビ番組ガイド誌「チャンネルガイド」
主要得意先
全国ケーブルテレビ局、(株)日宣、広告代理店各社
取引銀行
りそな銀行 玉造支店
三菱UFJ銀行 城東支店
日本政策金融公庫
昭和28月03月
大阪市城東区に日宣印刷紙器株式会社を設立
平成01年03月
第一期建て替え落成並びに菊全オフセット印刷ハイデルベルグ(SM102V)導入
平成04年04月
第二期建て替え落成
平成12年11月
社名を株式会社日宣印刷に変更
平成13年04月
CTP設備一式導入06月菊全オフセット4色反転印刷機 (SM102-4P)導入
08月
菊全オフセット2色反転印刷機(SM102-2P)導入
12月
FTPサーバの運用開始(デジタル送稿)
平成15年09月
制作課の活動開始
平成16年03月
DD(デジタルデータ)課の設立
平成20年03月
プライバシーマーク取得
12月
「エコ紙うちわ」2009年版を発売
平成21年03月
自社開発のうちわ加工機を導入
11月
第2日宣城東ビル(現在地)に移転
平成24年09月
代表取締役社長大津裕司が就任
平成25年11月
日宣印刷本社ビル(旧第2日宣城東ビル)を取得
平成28年05月
代表取締役社長阿河幸一が就任
平成28年08月
東京支店を千代田区神田司町(現在地)に移転
平成29年10月
Japan Color認証制度標準印刷認証を取得<JC-S021304-01>
平成30年01月
CTP出力機 コダック TrendsetterQ800を導入
令和01年05月
現代表取締役社長本間祐史が就任

policy

理性・情熱・創造

philosophy

私達は、広告・宣伝・セールスプロモーション・出版の印刷を業(なりわい)として、
一流の製品と一流のサービスで応え、 社会的価値のある企業をめざし、豊かに成長する。

Message お客様によりそい、
高品質なサービスを届ける。

弊社は昭和28年の創業以来、数多くのお客様に支えられて今日に至っており、大変感謝しております。
印刷は作り手が受け手に伝えるメディアとして発展して参りましたが、昨今はテクノロジーの進化につれて様々なメディアが登場し、情報を伝える手段が多様化しています。その中にあって、紙のメディアは受け手が手にとり直接感じることができるのが特徴であり、印刷物は生活者にとって欠かすことのできないものです。
当社は、作り手と受け手のコミュニケーションを作り手の側からサポートし、お客様の期待に応え一歩進んだ提案を行うとともに、比類のない表現力の向上を目指し社員一同今後も努力して参ります。

株式会社日宣印刷 代表取締役社長 本間 祐史

お問い合わせはこちら